ストレス耐性を高めるためのフィットネス

他の人よりも少しでも良い仕事をして職場で他の人に負けないように頑張っていきたいという競争心に溢れた看護師は少なくありません。
人一倍頑張って成果を上げて評価されたり、自分の知識やスキルを伸ばして活躍できる場面を増やしたりするのは仕事に対してやる気がある看護師なら望むことでしょう。
その際に大切になるのが仕事に集中できるメンタルを持つことであり、多少大変な思いをしてもくじけないストレス耐性があることが欠かせません。
ストレス耐性は一朝一夕にしてつくものではないため、地道に自分を鍛え上げていくことが大切です。
その方法としてフィットネスをしてみると良いでしょう。
フィットネスはウエイトを使った筋肉トレーニングなどで自分の身体に自分で負荷をかける運動を行います。
続けていくためにはそれを楽しみに変えていくメンタルが必要であると共に、常により丈夫な身体を作るためのモチベーションを維持することが必要です。
フィットネス自体が身体にとってはストレスであり、疲れているときには精神的にもストレスになるでしょう。
モチベーションを維持することを通してストレスに抗っていくことで着々とストレス耐性が身についていきます。
同時に体力も充実するため、仕事にさらに精を出せるようになるという期待も持てるでしょう。
仕事を人一倍頑張りたいというときには身体が資本になることを考えて、しっかりと鍛え上げていくという視点を持つことが大切です。